カテゴリー別アーカイブ: JP Student Blog

奨学生募集のお知らせ

logo-mail-300x212-142bc3cacc388d9dd4e68626c9a68dd1dea5aee24605ace05eb6f48d75857866

この度のクラウドファンディングで集まった資金を利用した奨学制度において奨学生の募集を行いました結果、十日間あまりの応募日程の中で13人ものご応募をいただきました。またその中から経済状況や本人の熱意、本プログラムへの適性などを厳正に考慮した結果、合計4人の学生が選抜されUCL-Japan Youth Challenge 2017に奨学生として参加できることとなりました。ご支援をいただいた皆様及びご応募いただいた皆様には深く感謝申し上げます!


[ 以下過去記事 ]

この度、”ReadyFor”のクラウドファンディングサービスを用いた私たちのプロジェクトに対する多大なご支援をいただきました。これにより、私たちの念願であった参加高校生の渡航滞在費のための奨学金を設立することが決定いたしました!実行委員一同、心より感謝申し上げます。

スクリーンショット 2017-05-16 12.19.33

この奨学金は金銭的な理由でプログラム参加が難しい学生を対象にしたもので、プログラム中の費用の大半をカバーする奨学金を支給させていただきます。申し込み期限は2017年6月9日(金)とさせていただきます。期間内にお申し込みをいただいた候補者の中から、私たち運営委員会がプログラムの趣旨に沿った厳正な審査を行い、生徒・随伴者の一組を選定させていただきます。プログラムの詳細情報は以下のリンクよりご覧いただけます。お読みいただいた上、フォーム内のガイダンスにしたがってお申し込みください。

奨学生プログラム詳細・応募フォーム

Day 5 – UCL

26th July

  • Morning Sessions

9:30 – 11:00 UCL Campus Tour

11:00 – 12:00 Lecture

スクリーンショット 2017-07-19 10.30.07

Speaker: Prof. Mark Miodownik at Institute of Making

Title: “Stuff Matters”


Afternoon Session

Grand Challenge Workshop

13:00 – 17:00
Venue: UCL Institute of Advanced Studies

Theme: Social/Business Entrepreneurship

Facilitator: Dawn Reeves (Facilitate This)

Plenary Speaker: To be determined

Illustrator: Jess Milton (Scriberia)

Following huge success of the UCL-Japan Youth Challenge 2015 and 2016, this year we will organize another grand challenge workshop. The theme of the workshop will be determined around March 2017.

 

13:00     Welcome, historical context, workshop aims

Yasu Takeuchi & introducing Dawn Reeves and Nozomi Sakata.

13:10     Setting up for the Workshop

Introductions, outline of the event and how we will work, warming up to Social Enterprise.

13.40      Making change through social enterprise!

Defining social enterprise and social innovation, examples of how it works in practice and innovative collaboration between Japan / UK

14.00      Triggers and inspirations – What social issues affect you and yourcommunities? What are you motivated to work on? We will help you find a group to work with.

15.00           Tea

15.20      Developing ideas – what’s the problem you want to solve?

This session will clarify your understanding of the problem and involve generating ideas and thinking creatively.

16.00      How will you solve it?

We will explore different approaches to making social innovation and social enterprises, how will you make change?

16.35      Making headlines   

When our social enterprises or innovations succeed in making change what will the papers say?

16.50      Review of the Workshop and Thanks

17:00          Close

(Detailed information from here)

ucl-gc_bluestar_fullcolour_titles

 

Q&A for British Students

– APPLICATION –
(Q)  How can I apply this programme if I’d like to participate?

(A)  Please submit the application form online from here. Not only the application form, but also you need to get a signature for the Parent / Guardian Consent Form and send the filled form to youth.challenge.ucl@gmail.com.

(Q)  What types of participation are there in the programme and how much is the admission fee?

(A)  There are four different types of participation as below.

Type 1 – Participate the whole programme(22-29 July 2017, 8 days) with Rudgwick, Cambridge and London accommodation. The admission fee is £900.00

Type 2 – Participate the whole programme(22-29 July 2017, 8 days) with Rudgwick and Cambridge accommodation. The admission fee is £600.00.

Type 3 – Participate the partial programme(22, 25-29 July 2017, 6 days) with London accommodation. The admission fee is £400.00.

Type 4 – Participate the partial programme(22, 25-29 July 2017, 6 days) without any accommodation. The admission fee is £150.00.

Please see the schedule plan and tariff table from here.

(Q)  Do I need to stay in accommodation?

(A)  No. You can commute from your home during the programme.

(Q)  Can I attend the programme only in London?

(A)  Yes but you have to attend the first day held at Rikkyo School in England, Rudgwick.

(Q) What is included in the admission fee?

(A) The admission covers refreshment and light meal during the participation. If you stay in accommodation, Full Board and coach transport will be included. Also we will provide free shuttle service from Guildford Station to the Rikkyo School in England, Rudgwick.

(Q) Do I have to speak or understand Japanese?

(A) No, not necessarily but it is recommended that you study basics of Japanese because there’re some Japanese Language / Culture session in the programme.

(Q) Which grade of student can apply?

(A) Applicants who are based in UK will be expected to be 16-18 years old so they are in the Year 11-13, Sixth Form College, the last year of MYP, or Diploma / Carrer-Related Programme on IB. The reason why we set the age group is to meet the same generation who are coming from Japan.

(Q) How many students participate in the UJYC programme?

(A) There are 40 seats for the UK students  for the maximum  this year.

(Q) How can I get informed if I am confirmed on UCL Japan Youth Challenge 2017?

(A) Once the application form is received at UJYC Committee, the committee will contact you to confirm your place. However, you need to get the Parent/Guardian Consent Form prepared before the program starts.


– Programme –
(Q) The leaflet mentions Duke of Edinburgh Awards. Which section can I get?

(A)  You can apply Residential Section of Gold Awards by participating this programme but you have to spend 5 days and 4 nights taking part in our activity with people who you’ve never met before. You had better ask your local / school DofE advisor in advance.

(Q)  What time do the activities start and finish each day?

(A)  Most of the activities start from 9:30am and finish at 17:00 and especially for the farewell party, it may last until around 20:00 but you won’t have to stay if you need to leave early.

(Q) What is the novelty of the program this year?

(A) In 2017, we use the newly opened facility of UCL School of Management as the venue of one of the  lectures. It’s on the 38th floor of the iconic One Canada Square, Canary Wharf in London so we’re excited to provide you the unique atomosphere in the one of the UK’s two main financial centres.

(Q) What do I need to wear during the programme?

(A) We have a sports activity and formal reception, public symposium / lecture programme during the programme so you need to prepare appropriate shoes/clothes.  Especially for the formal reception, smart clothes (no trainers, no jeans) will be suitable.


If you would like some special arrangement for the schedule, we would consider it so please contact us by e-mail: youth.challenge.ucl@gmail.com.

クラウドファンディング成功に関するお知らせ

      2017年度 UCL-Japan UCL Challenge  クラウドファンディングが成功しました!

logo-mail-300x212-142bc3cacc388d9dd4e68626c9a68dd1dea5aee24605ace05eb6f48d75857866

本ページで以前よりお伝えしてきました私たちUCL-Japan Youth Challenge実行委員会の「ReadyFor」を利用したクラウドファンディングプロジェクトは、皆様の厚いご支援により目標を達成いたしました! (ホームページ詳細はこちらから)

スクリーンショット 2017-05-16 12.19.33

 

”現在の予算では、サマースクールのプログラムの内容をより充実させるための資金が足りません。世界へはばたく勇気ときっかけをより多くの日本の優秀な若者へ与えるために、皆さまの応援が必要です!”

皆様からいただいたサポートにより、本年度の運営資金の調達は確実なものとなりました!お伝えしてきました通り、このプロジェクトでいただいた皆様のご支援金200万円は以下の二項目に割り振って活用させていただきます:

①プログラム期間中の講演依頼費等

②金銭的にプログラム参加が厳しい高校生に対する奨学制度

上記②に当たる奨学制度に関しては、こちらから現在奨学生を募集しております。

皆様、本当にご支援ありがとうございました!

 

 

 

 

ReadyForのリワードに対応可能な教官・サポーター 一覧

 


名称未設定

大沼 信一

所属・役職:

Chairman of UCL-Youth Challenge,

UCL Japan Ambassador,

Deputy Director, Professor at UCL Institute of Ophthalmology

どのような話ができますか?:

眼科の教授ですので、生物医学に関する話や、また、若い人々の国際化や日本とUCL/英国の関係等についての話もできます。

言語:

日本語 / 英語

高校生やサポーターへのコメント

皆様のサポートのおかげで、これから世界へ飛び立つ大きな可能性をもった多くの高校生が参加できるようになることを希望しています。


tadasennsei

多田 正純

所属・役職:

Reader in Developmental Cellular Biology

Department of Cell & Developmental Biology, UCL

(日本の准教授に相当)

どのような話ができますか?:

『生物の形づくりのメカニズムとその癌研究への応用について』のような話ができます。また、自分の経験を通しての日英大学教育の違いについてのテーマも可能です。

言語:

日本語 / 英語

高校生やサポーターへのコメント

自分の可能性を見つける切掛けになればと思います。学問に限らず、何だったら他の人には負けないか。


名称未設定

鳥井 亮

所属・役職:

Lecturer in Biomedical Engineering

UCL Mechanical Engineering

どのような話ができますか?:

研究(医用工学,バイオメカニクス,流体力学やコンピュータシミュレーション)のこと,キャリアデベロップメント,海外で働くことにまつわる発見,喜びや苦労,医学と工学の境界分野で働くことのやりがいなどについてお話しできます.ご要望があればイギリスの美味しい食べ物(!)についても.

言語:

日本語 / 英語

高校生やサポーターへのコメント

グローバライゼーション,ガラパゴス化など,国際関係にまつわる事柄が注目を浴びていますが,まずは現状を肌で感じることが大切だと思います.このプロジェクトがそのための一歩を踏み出すまたとない機会となるよう,実行委員一同知恵を絞っています.皆さんそれぞれにあったいろんな形で参加をして頂き,広く経験を共有して頂ければ嬉しく思います.


Economics 2013

北川 透

所属・役職:

Lecturer, Department of Economics, UCL.

Research Staff, Center for Microeconometrics Methods and Practice (CeMMAP),
Institute for Fiscal Studies.

特任准教授, 京都大学経済学部(2017年4月より)

どのような話ができますか?:

計量経済学を専門にしています。経済学において統計学がどのように使われているか全般に関して話ができます。 また、データに基づいた、公共政策の評価や立案についての専門的な話もできます。

言語:

日本語 / 英語

高校生やサポーターへのコメント:

夏目漱石がロンドン留学中に得た「自己本位」の精神を自分流に解釈した上で(必ずしも先生の言うことを聞かないという意味ではなく、、、)、自分の道は自分で切り拓くという気概のもと、貪欲に興味のおもむくままいろいろなことを学んで下さい。すると、いつか自分が世界で唯一な存在になれる可能性が高まると思います。


k

河田 大介

所属・役職:

Reader in Astronomy at Mullard Space Science Laboratory

Departmental Graduate Tutor

どのような話ができますか?:

銀河天文学の最新情報

我々の銀河系がどのようにしてできたのか?

コンピュータで銀河を作る話

言語:

日本語 / 英語

高校生やサポーターへのコメント

いろんな経験、いろんな人との出会いを楽しんでください。


名称未設定

竹内康裕

所属・役職:

Reader in Molecular Virology, Division of Infection and Immunity, UCL

Team Leader, Advanced Therapy Division, National Institute for Biological Standards and Control

どのような話ができますか?

遺伝子治療と異種間移植(臓器Ÿ組織Ÿ細胞)に関係した研究をしてます。その研究の話や EU内の国際共同研究についてお話しします。

言語:

日本語 / 英語

高校生やサポーターへのコメント

思わぬ機会があって、思わぬ人たちに会ったことから,英国生活27年目を迎えます。高校生もこの Youth Challenge で、思わぬ経験と出会いがあるといいなーーー


 y

山本嘉幸

所属・役職:

Senior Lecturer, Cell and Developmental Biology, University College London

どのような話ができますか?

生物学全般、進化学、進化医学などの最先端の研究内容や、英国の大学、大学院での教育システム(理科系)、大学での国際交流などについてのお話ができます。

言語:

日本語 / 英語

高校生やサポーターへのコメント

”Knowledge is power”、様々な経験により知識を得ることは、人間力(予測不可能な問題に対する解決能力)を高める上でとても重要だと思います。我々の活動がみなさんの人間力向上に貢献できればと願っています。


k

紅林秀和

所属・役職:

Lecturer, London Centre for Nanotechnology

Spin Physics in Nanotechnology

(Website: https://www.ucl.ac.uk/spintronics)

どのような話ができますか?

英国(ケンブリッジ)でPhDを取った経験・経緯などの留学談やナノテクノロジー等の研究について

言語:

日本語 / 英語

高校生やサポーターへのコメント

高校生へ:人生は一度しかありません。自分で決め、自分の可能性に目一杯挑戦すると毎日が楽しくてしょうがないです。そのためにはどんどん動いて、新しいことを見たり、知ったりするのが良いのではと思います。

サポーターの方へ:無限に広がる高校生の未来にできるだけ「キッカケ」を与えれるようプロジェクトメンバー一同日々努力しております。将来の日本への投資、宜しくお願いいたします。


Ralph

Ralph Luetticke

所属・役職:

Lecturer, Department of Economics, UCL
Research Staff, the Center of Macroeconomics, UCL

主な研究対象:
  1. Transmission of Monetary Policy with Financial Frictions and Heterogeneity in Portfolios
  2. The Macroeconomics of the Euro Area
  3. Macroeconomic Impact of Brexit

cui14

Wei Cui

所属・役職:

Lecturer, Department of Economics, UCL
Research Staff, the Center of Macroeconomics, UCL

主な研究対象:
  1. Stability of financial market (China, US, UK, etc.)
  2. Monetary-fiscal policies with financial stability
  3. The optimal level of debt-to-GDP ratio

スクリーンショット 2017-03-08 11.24.32

宮原 継享

所属・役職:

イングランドサッカー協会公認選手代理人

イングランドサッカー協会仲介人

Football Samurai Academy 運営

イングランドフットボール選手/コーチ留学プログラム

どのような話ができますか?:

イングランドのフットボール/選手の移籍事情についてや、こちらの高校/大学/大学院進学、イギリスでの生活に関して話しをする事が出来ます。

高校生やサポーターへのコメント:

一度きりの人生、自分のやりたい事を見つけ、それに向かってチャレンジする良い機会になると思います。素晴らしい体験が出来ると思うので、是非参加して視野を広げ、可能性を広げ、大きな翼を手に入れて下さい。


スクリーンショット 2017-03-08 11.25.31

伊藤 義文

所属・役職:

Associate Professor and PI of Cell Migration Group

Kennedy Institute of Rheumatology, University of Oxford

どのような話ができますか?:

これまでにアメリカ、日本、イギリスで仕事をして来ました。研究のことだけでなく、それぞれの国の違いを自分の経験からお話ししたいと思います。

高校生やサポーターへのコメント:

様々な人と出会い、様々な経験をしてください。きっと将来の自分のためになるはずです。


スクリーンショット 2017-03-08 11.27.10

永瀬秀明

所属・役職:

オックスフォード大学ケネディーリウマチ研究所

名誉教授

どのような話ができますか?:

私自身の外国生活の経験から、”外国での研究生活:失敗から学んだ喜び”や”これからの科学進歩と社会の課題”などについて

高校生やサポーターへのコメント:

高校生諸君!

  大きな希望を抱いて世界へ羽撃け。

世界は君たちの活躍を待っている。


スクリーンショット 2017-03-08 11.28.03

浅越 絵美子

所属・役職:

教育エージェント

元ブリティッシュカウンシル認定カウンセラー(2014-2016)

コンサルティング

どのような話ができますか?:

実体験を交え日本と比較して英の初等・中高等教育の違い、海外から見たバイリンガル教育についてお話できるかと思います。また日本・イギリス両方で輸出入業務に計15年携わって参りましたので貿易実務についてもお話できたらと思います。

高校生やサポーターへのコメント:

世界には自分の知らない事や文化、人が沢山います。普段会わない人たちと時間を共有して新たな発見をし、自分の糧にしていって下さい。Webの情報より実体験に勝るものはありません。


スクリーンショット 2017-03-08 11.28.58

木全諭宇

所属・役職:

ケンブリッジ大学遺伝学部グループリーダー

Cancer Research UKキャリア・ディベロップメントフェロー

どのような話ができますか?:

細胞・発生生物学、とくに細胞分裂(細胞周期)に関する研究の話をいたします。また、私自身が海外留学するにいたった経緯とイギリスでの体験談も紹介できます。また、日本とヨーロッパの分化・価値観の違い、そして「世界からみた日本」についてもお話しできるとおもいます。

高校生やサポーターへのコメント:

知らない世界に飛び込むというのは、非常に怖いことだとおもいます。実際にわたしもそうです。しかし、挑戦なくして成長や成功はありません。また、本当は成長をしないことの方が怖いことだということを知っておかなくてはなりません。みなさんの不安を少しでも減らし、海外に留学される、後押しをできればとおもいます。


e85be2_853f197ea42b4ed8a0df38be34348604

植田 リサ

現在の活動:

Concert violinist − ロンドンを拠点にソロ・ヴァイオリニストとて活動。コンチェルトやリサイタル、室内楽。
Teaching ー 後進の指導にも力を注ぐ

高校生やサポーターへのコメント:

高校生へ
口にしたことをないものを、食べてみるとします。案外美味しかったり?想像通りだったり。
もしくは見た目からは想像できない味でビックリしてしまう事もありませんか。「本当に美味しい、口にして良かった!」と思う時もあれば、同じモノでもその時の調理具合や体調によって美味しく感じたり、胃に負担を感じたり・・・それも生きている証拠。いいんです。遠くから見て「どうせ美味しくないだろう」「きっと口にあわないだろう」と決めつけるより、試してみた方が、うんと清々しいのでは?「やってみよう」「とりあえず食べてみよう」精神をもった人間の方が、どれほど舌のパレットが広がり、人間的引き出しが増えるか。引き出しが多い人は、ビジネスでも、勉強でも、人間関係でも多方面でうまくいきやすい。この引き出しというものは、知能や才能ではなく、心がけ次第で誰にでも身についていくもの。「とりあえず食べてみよう」と手を前に伸ばす人間がより多くいれば、さらに世の中が潤うのではないかなぁと思う、今日この頃です。

サポーターへ
沢山の可能性に満ち溢れている若い方々が、「とりあえず食べてみよう精神」をもち、手を前に、上に伸ばしている中・・・あいにく金銭的な面でその翼が折れてしまうことも。この腕の伸びと目の輝きがずっと続きますよう、日本の若者の引き出しがどんどん増えますよう、心から願います。

どのようなことができますか?:

㈰ 自分の経験を通して、
ー日本と英国の関係や、文化的・社会的な国民性の違い(一般と音楽の世界の例も)
ー国際化・バイリンガリズム・異文化コミュニケーション
ー海外で夢に向かって頑張るにあたっての心得
・・・などについての話ができます。音楽界の実体験も交えても、どの科目、どの職種、どの夢にでも共通します。」
㈪ 演奏会、または以上の講演と演奏のコンビネーションもできます。
㈫ さらに、もし音楽をされている生徒さんがいらっしゃいましたら、公開レッスンもコンビネーションにいれることが可能です。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Antonio Guarino

所属・役職:

Professor of Economics、UCL

President、Association of Italian Scientists in the UK (AISUK)

主な研究対象:

Understanding financial crises. Why do we have financial crises?

What is Experimental Economics? Using economics laboratory experiments to understand human behavior.

Understanding herd behavior in markets and societies

UCL Young Challenge へようこそ!!

UCL Young Challenge へようこそ!!

UCL Young Challenge 委員会事務局の加藤龍司です。メガバンク勤務を経てアンダーソン・毛利・友常法律事務所で弁護士をしていますが、現在はUCLのLLMコース(法学の修士課程)に通っています。
https://www.amt-law.com/professional/profile/RUK

さて、日本とUCLの交流は150年以上前に始まりますが、これは、UCLが当時から様々な学生に広く門戸を開いていたことに依るところが大きいと思います。例えば、女性の大学進学についても、UCLは、初めて門戸を開いた大学といわれています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン

東洋の海に囲まれた日本から、幕末の志士が、海外の大学に留学して勉強をしたいと思った場合に、UCLはうってつけの場所だったのでしょう。そして、UCLは、いわば世界で初めて本格的に日本の留学生を受け入れた大学となりました。また、日本は、この時にUCLから得た知識も用いながら、明治維新を進めていったともいえるでしょう。

UCL Young Challengeでは、日本と深いつながりを有するUCLを中心に、世界的課題についての学習、討論をしていただきます。また、UCLやロンドン・ケンブリッジといった伝統ある街の雰囲気を味わっていただきます。

そこで、このブログでは、事務局担当者やUCLの学生から、UCLやロンドンの街などについていろいろな情報を紹介していく予定です。

お楽しみに!

Q&A

参加申し込みに関して

Q1) 参加申し込み方法を教えてください           参加申し込みは留学エージェントである、Japan@UKの宮原、浅越へ連絡ください。
hmiyahara@japanatuk.com, easagoshi@japanatuk.com
Q2) 参加する高校生の条件を教えてください         対象は主に、高校1年生と2年生です。高校3年生も可能です。英検2級レベルの語学力が必須で、将来、国際的に活躍したいという様な意欲のある高校生を求めています。

Q3) このイベントは理系の高校生が対象でしょうか、それとも文系でしょうか?
今国際社会は理系と文系という垣根があまりなくなってきており、理系の学生でも文系的な知識が必要で、文系でも理系の理解が必須となってきています。このイベントはまさにこの点を重視しており、理系、文系両方からの参加者を募集しています。内容も、理系、文系、融合分野を含んでいます。将来、学問に限らず、様々な分野で活躍する様な人材育成に貢献できればと考えています。

Q4) 参加申し込みの流れ、締め切りを教えてください
まずは、基本的には高校単位での参加申し込みをお願いします。また、大学の高大連携からの派遣の場合は、大学から、都道府県や市町村からの派遣の場合は、その自治体からの申し込みを受け付けます。最初の受付締め切りは1月末としています。人数が確定していなくても参加を希望されている場合にはご連絡下さい。予定人数に達していない場合はその後も随時受け付けます。当初の受付締め切り後、参加校を確定し連絡します。学生の選考はその後高校ごとに行っていただき、4月末をめどに連絡ください。参加費の支払いについては確定した方々に後日連絡致します。

Q5) 来年の高校1年生はまだ入学していないのですがどのように扱うのが良いでしょうか?
まずは学校単位で申し込んでいただき、個々の学生の決定は後日でも問題ありません。参加費の支払いも学生が確定した後となります。できる限り4月末までに学生を決定してください。

Q6) 参加申し込みの高校生が参加人数枠を超えた場合どのように対処するのでしょうか?
参加人数は、高校生をきちんと面倒を見るためと、イベントの質を確保するためには、日英の高校生全体で80−90人程が上限であると考えています。従って、枠を広げることは考えていません。基本的には参加申し込みの順序を優先し、参加申し込みの締め切り後に我々のコミティーで決定します。

Q7) 参加申し込みに関して必要なことを教えてください。
必要なものは、高校単位での参加申し込み、参加高校生と引率教員の確定、参加する高校生と引率教員の情報提供、参加費の支払い、海外旅行保険への加入、航空機のチケットの手配などがあります。パスポートを持っていない方に関してはパスポートを取ってください。また、期間中に簡単な高校紹介の時間を設けますので、5分ほどの内容で準備してきてください。
Q8) 渡航日や英国についた後の手順はどの様になっていますでしょうか?
7月21日金曜日にロンドンのヒースロー空港へ到着する便で来ていただくことになっています。我々の関係者がヒースロー空港へ迎えに行き、その日の宿舎である立教英国学院まで貸切バスで移動します。夕食の関係もありますので、夕方6時ごろまでに着く便を選んでいただければと思います。日本からの航空機は、直通便、経由便ともにほとんどはヒースロー空港行きですので問題無いと思います。

Q9) 日本への帰国の手順はどの様になっていますでしょうか?
7月30日日曜日にヒースロー空港からの帰国になります。空港まで我々関係者が帯同し、Departure Gateへ入るまで見届けます。その後は引率教員へお願いします。できれが帰国の飛行機の出発時刻は午後にしていただけると助かります。

Q10) 航空機のチケットはどの様に準備するのが良いでしょうか?
航空機のチケットに関しては参加高校生が確定した後に、各高校ごとにチケットを準備してください。直通便ですと夏の値段が高い時期となりますので10万円以上高くなってしまいます。我々は経由便をお勧めしています。また、格安チケットを購入するためにできるだけ早く予約をすることを勧めています。

Q11) 引率教員は必ず必要なのでしょうか?
引率教員の参加は基本的に必須です。海外の教育や海外留学について日本の先生方へ理解していただくことが非常に重要であると考えています。また、そのために日本からの教員のためのプログラムも高校生のものと並行して行います。また、次にしましますが、引率教員には自校の高校生が大丈夫か見守る役割があります。

Q12) 引率教員の役割について
引率の教員の方々には、自分の高校から来た学生が大丈夫かどうかを注意深く観察していただくのが最も重要だあると考えています。体調を崩した学生がいないか、イベントに積極的に参加できない学生がいないかなどです。また、これまで高校生がいなくなったり問題を起こしたことはないのですが、できる限り目を配っていただければ幸いです。基本的に、自身の学校の生徒の安全を確保、スケジュール管理して頂く事が役割となっています。引率教員もプログラムを通して大きな発見や、学ぶ事は多々あります。

Q13) 個人参加は認められないのでしょうか?
個人参加は基本的には認めていません。ただ、強く希望する学生で他の高校の引率先生が面倒が見れるということがあればこれまでも数人認めています。個人参加に関しては各自問合せください。

Q14) 参加費以外でどの程度かかるのでしょうか?
参加費以外でかかるのは、日本国内の移動費、日英間の航空機代、海外旅行保険と数日分の昼食代です。ロンドンとケンブリッジでグループごとに活動する日があり各自で昼食を取っていただいています。これ以外ではお土産代と間食のお菓子や飲み物代等です。お土産を買う時間は限れれていますのでそれほどはかからないと思いますが、大きな個人差がある様です。

Q15) 参加中の高校生との連絡方法はどうなっていますでしょうか?
参加中は多くの場合Wi-Fiが繋がります。携帯やコンピュウータを用いて連絡が取れると思います。また、関係者が数名24時間帯同しますので、関係者を通して連絡もできます。引率の先生と連絡とることも可能です。参加登録が終わりましたら、詳細な冊子を配る予定にしていますのでそちらを参考にしてください。

Q16) 詳細な問い合わせ
詳細な問合せは留学エージェントである、Japan@UKの宮原、浅越へ連絡ください。
hmiyahara@japanatuk.com, easagoshi@japanatuk.com

イベントの運営に関して

Q17) UCL-Japan Youth Challengeはどの様に運営されているのでしょうか?
UCL-Japan Youth Challenge Committeeが企画運営しています。このCommitteeは10人程のUCLの日本人教官が中心に、ケンブリッジ大学日本人教官、UCLやロンドン大学の日本人学生、その他この活動に興味のある方から成り立っています。詳しくはHome Pageを見てください。このイベントはUCLから認定されており、多くの支援を受けています。また、立教英国学院、CIIE-Asia (シンクタンク)との共催となっています。また、英国で大学に通っている学生を中心に40人ほどのボランティアがイベントをサポートしています。

Q18) UCL-Japan Youth Challengeの経費はどの様にまかなわれているのでしょうか?
このイベントは営利目的ではありません。高校生の参加費は、宿泊費、食費、英国内の移動経費として主に使われます。UCLやケンブリッジ大学のイベントの経費は、高校生の参加費からではなく、UCL-Japan Youth Challenge Committeeが集めた、グラントや寄付で全てまかなっています。これまで、Great Btitain Sasakawa Foundation, ケンブリッジ大学、在英日本大使館、国際交流基金、自治体国際化協会、日本学術振興会、CIIE-Asia、ANA、 IHI、 Ajinomoto、Fujitsu、福島県、鹿児島県、山口県萩市、ロンドン福島県人会(シャクナゲ会)等の支援を受けています。もしこの様な活動を支援したい方、企業、団体をご存知でしたら是非教えていただけると非常に助かります。

Q19) これまで日本側、英国側、どの様な高校が参加しているのでしょうか?
これまでの参加高校に関しては、2015年、2016年のイベントの報告書を参照してください。日本の場合は、日本中から参加高校があり、都市部の高校からの参加者多い傾向があります。英国側はEatonやHarrow Schoolの様な有名校からの参加者が多く、日本に強い興味のあり高校生が多く参加しています。また、UCLの付属高校であるUCL Academyからも多くの参加者があります。

Q20) 期間中に高校生の自由行動時間はあるのでしょうか?
基本的に自由行動は禁止しています。どうしても会いたい方が英国にいる場合は、宿舎に来ていただくことをお願いしています。プログラム内で大学外での活動が数回あり、いずれもグループ行動で引率の先生や我々のボランティアが帯同することにしています。

Q21) 体調を崩した高校生が出た場合どの様に対処するのでしょうか?
訪英前に旅行保険への加入を義務付けています。また、訪英前に既往症のある高校生につきましては連絡を頂くことにしています。体調を崩された高校生については、状況次第ですが、我々が付き添って病院へ行き、宿舎で良くなるま休んでいただく様にしています。病院の経費に関しては保険会社から後日支払われることになります。緊急の場合には、緊急病院があり、そこへは無料でかかる事が出来ます。

Q22) (地方自治体の関係者へ)UCL-Japan Youth Challengeはこれまで日本の自治体と連携して行っていますが、対象となる自治体はどの様にして決まるのでしょうか?また、その活動内容はどの様にして決まるのでしょうか?
2015年のUCL-Japan Youth Challengeは、薩摩藩から19人の学生がUCLへ留学してから150年となることを記念して、鹿児島県と連携して行いました。2016年は東日本大震災から5年ということで福島県と連携し、災害をテーマにして開催しました。2017年は、UCLへ留学した五代友厚が大阪の父として知られていることもあり、大阪大学や大阪の自治体と話し合いを行っています。今後も日本の様々な自治体と連携していければと考えています。もし興味がありましたら、自治体国際化協会ロンドン事務所かUCL-Japan Youth Challenge CommitteeのChairの大沼教授へ連絡ください。具体的な内容は相談しながら決めていきます。2018年の内容につきましてはまだ白紙ですので、興味がありましたら是非連絡ください。

イベントの内容に関して

Q23) 参加高校生が準備するものはありますでしょうか?
参加高校生には5月頃から数回宿題を出しますので、宿題の回答提出期限までに必ず提出してください。また、英語の比較的苦手な高校生は英語でコミュニケーションできる様、努力をしてきてください。

Q24) 期間中はどの様なイベントに参加するのでしょうか?
まずは、2015年、2016年のイベントの報告書を参照してください。内容には、大学の先生の講義、ワークショップ、シンポジウム、フィールドワーク、英語のレッスン(日本人対象)、パネルディスカッション、等が含まれます。また、日英の高校生間の垣根を除くために、2日目にスポーツ、ゲームイベントとバーベキューを行う予定です。プログラムは随時Webpageに載せていきます。最終的なプログラムに関しては5月末ごろには確定できればと考えています。

Q25) 2017年のテーマは何でしょうか?
このイベントは毎年大きなテーマを設定しています。これは、UCLの大きな活動である、UCL Grand Challengeと連携しています。UCL Grand Challengeは世界で現在起こっている、また未来に起こる可能性が高い大きな問題点について大学全体で解決方法を考え、実践していこうというイニシアチブです。2015年のUCL-Japan Young ChallengeはIntercultural Relationshipをテーマとし、今世界中で起こっている文化間の問題を話し合いました。2016年東日本大震災から5年ということで、福島県と連携し、Humanities in Diseastersというテーマで、災害における人的側面について話し合いました。来年2017年のテーマは現在話し合い中で、若い高校生が今後どの様にして社会に貢献できるか、次の社会を作っていけるかという様な内容にできればと考えています。いずれも理系と文系の内容を含みます。

Jaffa Cakesと軽減税率

コミッティーメンバーの泉原です。

2016のイベントもほぼ終了し、参加者の皆さんはお土産を買われている頃かと思います。

UK人はチョコレートがとても好きで、同様にチョコレートビスケットも大好きなのですが、それに類似した商品として、Jaffa Cakesというお菓子があります。

ふわふわの生地に甘いチョコレートがふんだんにかけてあり、とても美味しい。UK人にも広く親しまれており、お土産としては最適なものの1つと言えるでしょう。今日もある参加者の方が購入されていました。

ところが・・・実は、この商品を巡って、激烈な法廷闘争が展開されていたのです。

争点は

「Jaffa Cakesはケーキなの?ビスケットなの?」

なぜこの区別が重要なのでしょうか。

皆さんは、最近、消費税の増税を巡って「軽減税率」という言葉を聞いたことがあるかと思います。軽減税率とは、特定の商品について、通常の消費税率より低い税率を適用するというもの。

消費者の目から見れば、最終的な価格は税込みの価格。したがって、税金が安ければその商品は魅力的であることは当然です。

UKにおいて、ビスケットは通常の20%の消費税が適用される一方で、ケーキについては、消費税の課税対象から除外されています(Exception)。

したがって、ケーキか、ビスケットかの区別は、最終消費者の手元の価格に、大きな影響を及ぼすのです。

CYDoLR3WYAAmAUV

これを知って、私は、早速近くのスーパーに通常のチョコレートビスケットとJaffa Cakesを買いにいきました。

一目瞭然。

Jaffa Cakesには課税されていない反面、チョコレートビスケットには課税されています。

経緯については、こちらに説明されています。

裁判所は、Cakeという名前は大した問題ではないとしつつ、様々な要素を考慮して、この商品はケーキであると結論づけました。

UKの消費税制度は、EU法による拘束を強くうけています。Brexitの結果、この点について大きなリフォームが可能であると見る人もいます。

こんな商品1つについて、密かに熱い法廷ドラマが展開される。UKはそんな国なのでした。


ちなみに・・・

お土産ですが、個人的には、宿舎の近くにもある、高級スーパーマーケットのWaitroseのプライベートブランド商品がオススメですよ。

スーパーについてはこの記事を参考にしてみてください。